ヨーガって? 阪急宝塚線 川西能勢口駅より徒歩3分のヨガスタジオ mellow-yoga*studio
130708

2013.07.02:ヨーガって?

レッスンの中ではお伝えしきれないヨーガにまつわるあれこれを、
こちらではつぶやきのようにまとめていこうと思います。

ヨーガとは、サンスクリット語で
馬にくびきをかける
という意味の’Yuj’から派生した言葉です。
そこから何かと何かの間に介在し、
その力を伝えるもの、もしくは制御(コントロール)するという意味に転じています。

現代において一般的に、ヨーガと聞いてイメージするのはポーズのことが多いです。
それはハタ・ヨーガといわれる動きのあるもののことを指します。
ハタ・ヨーガは、ヨーガという体系のほんの一部であり、
バクティ・ギャーナ・カルマ・ラージャヨーガ等、
実は他にもヨーガを構成する要素があります。選択する方法が違うのです。
バクティヨーガは献身・ギャーナヨーガは智慧・カルマヨーガは行動という方法を用いて、
ゴールに向かおうとします。
おもしろいのは、どの方法を選択してもゴールは一緒ということ。

では、ヨーガの目的とは何でしょう?
美しくなること。シェイプアップすること。健康になること。
心を穏やかにすること。瞑想すること。
ヨーガ人口が増えることによって入り方も目指すところ多様化しているように思います。

しかし、ゴールは同じと前述した通り、
どのような目的であっても、ヨーガを正しい方法で継続していくと、
感覚・知覚のような表層でキャッチできるものをコントロールする感覚を経て、
内側の繊細な感覚をとらえることが可能になり、
そこからさらに繊細なもの、私たちの内に眠る「智慧」を理解し、
より健やかに目の前の物事に向き合っていくことが可能となるようです。

ヨーガの聖典として有名なヨーガスートラの八支足においては、
最終的な目的を、三昧(サマーディ)。と記していますが、
現代の日常を生きている私達にとっては俄かに理解しがたい思想かもしれませんね。

その理解しがたい思想をわかりやすく要約すると、

ヨーガを正しい方法で継続することで、
その瞬間に向き合うことを学び、
自分にとってよりよい選択を人生において積み重ねていく。
(ことによって、精神的成長を図り、三昧の境地へ。)

ということなのだと思います。

さて、それではよりよい選択とはどういうことなのか、
そして正しい方法で継続するってどういうこと?
というのは次の機会にまた書いてみましょう。