リストラティブヨガとSNS 阪急宝塚線 川西能勢口駅より徒歩3分のヨガスタジオ mellow-yoga*studio
shutterstock_89875054

2014.03.23:リストラティブヨガとSNS

私事ですが、なんだか、日々生気が失われていくような、ずーっと焦りが抜けないような、 でも何に集中していいかもわからないような・・・。 そんな散漫さから、やろう!と思ったことも達成できないままで、息苦しい日々が続いておりました。 そこではたと気づいたのが、 SNS(Face book・Mixi・ameba etc…)からログオフしない状態がずっと続いているということ。 当然毎日PCや携帯の電源は落としますが、それでもメッセージが来ると

ピロリん♪ と、携帯から音が出ます。PCで仕事していても、誰かがコメントした時に

ピロリん♪

と呼ばれるとつい見てしまう。あぁ、恐ろしや無意識の反応。 メールのアカウントしかり、再ログインするのが面倒でつなぎっぱなしにしていましたが、 実はあまり精神衛生上よくないのでは?と思い、思い切って全部ログオフする習慣をつけました。 ・・・結果、気持ちが落ち着きました。 そしてあれ、何やろうとしてたんだっけ?というのが減ったので、お仕事もはかどっております。

さあ、今からやるぞ!という時にログインして、 さあ、終わりましたよ。という時にログオフするというのが儀式のようになりつつあるのも、 気持ちが改まってよろしい。 まぁあくまでも私のケース。ですが。 ・・・さて、リストラティブヨガのトレーニングの中で、記憶に残っている言葉のひとつに、

Disconnect=外界との遮断

があります。リストラティブヨガでは、プロップスを使い、身体がリラックスできる形を意図的に作り出すことで、 Disconnectの状態を体感し、ヨーガの八支足でいう、Pratyahara(五感の制御)に向かっていくことを目的としています。 私の場合これに気づくために、今回のSNSの一件があったようです。自分の内側と外側の境界線をぼかしてしまうことが、私にとってバランスを崩す原因のひとつだな。と改めて実感した次第です。シングルタスクにもつながりますね。やはり一つ一つ、目の前のことを丁寧にするうえで”ぱなし”習慣の見直しは必要なようです。 私だけではなく、結構多いのではないかしら。SNS疲れの方々。 さて、ここからはお星さまの話ですが、今、海王星がうお座にいます。 海王星もうお座もボーダーレスなぼんやりした夢のようなイメージで、中毒とか、依存なんてキーワードもある。 だからこそそこにしっかり意識をおいて、外界と自分を時には切り離して、自分の意志を見出していくような練習をしてみるといいかもしれませんね。