Yoga Teachers Training トップへ戻る »

Main teacher:
Yogrishi Vishvketu (Vishva)

ヨギ ヴィシュヴケトゥ ジー(ヴィシュワ ジー、またはヨギ ジー・・・ジーはインドでの敬称です)がヨガを学び始めたのは子供のころで、ハタヨーガ、ラージャヨーガに加え、ヴェーダ聖典により伝えられる治療法―アーユルヴェーダについての知識を北インドで深めてきました。
8歳のときには、ヒマラヤの麓に位置する「カヌヴァアシュラム」にてヴェーダ聖典を学び始めました。カヌヴァアシュラムは、長い歴史のある寺院とアーユルヴェーダの治療所を備えており、古くから多くのヨガ行者やアーユルヴェーダの医師たちが集まる場所でもあります。伝統的な癒しの智慧や、意識を高めるための方法を学ぶには理想的な場所と言えるでしょう。

ヴィシュワジーは、インド・ハリドワールにある「グルクル カングリ大学」にて「ヨガによるスポーツと人間性」の分野において学士号を取得、その後修士号、博士号を取得しています。その後リシケシにあるヨガニケタンアシュラムに移り、世界中から集まるヨガ修行者に向けてヨガを教え始めると同時に、ヨギ ナートに師事、
プラーナ(生命エネルギー・気)による浄化についての知識を深めます。

2001年にカナダに渡り、ヨガに対する情熱と、親しみのあるパーソナリティを取り入れたクラスが世界中で教えられるようになりました。そして2007年の1月、長年培ったその精神を基に、彼は妻とともにリシケシに「アナンダプラカーシュヨガアシュラム」を設立しました。

彼が伝えようとしているのは、様々なヨガの方向性をバランスよく取り入れた統合的なヨガです。このヨガのスタイルを、「全体・不可分」という意味を持つ「アカンダヨガ」と名づけています。アーサナ、プラーナーヤマ、浄化法、アーユルヴェーダ、マントラチャンティングに関するワークショップや、200時間・500時間の ティーチャートレーニングコース、更に深くヨガを学びたい人のためのリトリートなどを、カナダやインド・リシケシで行っています。彼のティーチャートレーニングプログラムは、全米ヨガアライアンスに登録されています。

2003年10月には、インストラクションの入ったDVD「Moving into Bliss with Yoga」をリリースし、アーサナ・プラーナーヤマをバランスよく取り入れ、ゆったりと流れるようなシークエンスを、伝統的なインド音楽に乗せて紹介しています。
2003-2004年11月、2006-2007年4月には、トロントで開催された「Yoga Show and Conference」にて指導とデモンストレーションを行っています。彼のハタヨーガに関する指導方法は、「ナート」の流れを汲む偉大なる聖人・ババ プレム ナート師と、グル ヨギ ナート師よりナチュロパシーやアーユルヴェーダに関する知識はババ ハリ ナム師、スワミ ヨガナンダ師の影響を大きく受けています。

Japanese support:
Fukuko (Nirmala)

ヨガを始め、インドに魅せられ、気づけば毎年通うようになりました。 2008年にYogrishi Vishketuによる200時間のトレーニングを受講し、大阪・京阪神でのヨガ指導を経て、2010年より兵庫県川西市で、mellow-yoga*studioを主宰。グループレッスンをはじめ出張・プライベートレッスン、ヨガ指導者の為のブラッシュアップ講座を企画、運営。

2012年には同師による300時間のトレーニングを修め、2015年よりアナンダプラカーシュヨガアシュラム(インド・リシケシ)のYogrishi Vishvketuの元で、全米ヨガアライアンス(RYT200)トレーニングコース、ヨーガ哲学・解剖学・テクニッククラスの日本語サポートを担当しています。